宝玉獣のエキストラデッキ

最近宝玉獣のルイン型のほうに入りそうなエクシーズが増えたので自分の整理もかねてエキストラの考察を書きます。赤色おすすめ

シンクロモンスター
バードマンを入れていると少し変わりますが、基本的にはヴェーラーでのカタストルとスクドラ以外は選択肢にないと考えていいと思います。
エクシーズによる圧迫がなければミスト・ウォームなど候補カードも多いですけど・・・

ランク3エクシーズ
リバイス・ドラゴン:安定打点。ヒアデスギミックを入れると必然的に抜けるが、圧迫しないのは評価点。

アシッドゴーレム:デメリットが大きいものの3000打点は大きい。宝玉獣のワンキルのキーパーツ。

ブリリアント:上と同じくワンキル要因。一見アシッドよりデメリットがない分安定しそうなものの、ゴーズやトラゴに返されやすく、私はアシッドに枠を取られてしまいました。

リヴァイエール:宝玉獣が苦手な奈落・幽閉から逆転の道を作ってくれるカード。ほぼ必須。

ゼンマイン:弱くはないですが、いざ使ってみると使いにくいカード。破壊が足りない宝玉獣には待望のカードだったはずなんですが・・・遅いです。

セイクリッド・ヒアデス:セットでトレミスとガイアドラグーンを入れる。そこだけが欠点で、ギミック自体は相手を守備にしつつ2600打点の貫通持ちを出すという非常に強いもの。
また、ガイアを出さず、次のターンからトレミスによるサルベージを始めるのもあり。

ランク4エクシーズ
レベル4×3
ショック・ルーラー:制圧する場合に使われるカード。魔法罠無効+モンスター効果発動不可という状態を作れるのは強い。ただ、ただでさえ低い打点がさらに落ちるのは難点。

ディシグマ:他の人たちにはディシグマは弱いと酷評されていますが、宝玉獣ではかなり重要な効果です。ゼンマインと違い遅くなく、かつ耐性のなさをルインによる魔法罠無効でカバーできます。グラファらへんに打つと相手が嫌がります。

ウロボロス:使えそうで使いにくいカードその2。手札に戻すならディシグマで除去。手札破壊も相手の魔法罠の価値の低下によりリスクが大きいため、除外効果ができることと、汎用性で差別化しなければなりません。
相手の墓地にグラファが居るときにはローチ出します。

サンダー・スパーク・ドラゴン:ワンキルできる場面は飛躍的に増えました。

ホープレイ:一応入れておきたいカード。
レベル4×2
ホープ:安定。ホープレイにもつなげられるため1枚は入れたい。ライロや暗黒界相手にホープ+ローチ+魔法罠無効という布陣をとれば勝てるのも大きいです。

コーン号:相手のゼンマインやマエストローク、ガチガチの駆除が専門。それ以外はできませんが選択肢としては十分です。

メロウガイスト:前半はエクシーズしにくいので使いにくいです。

ローチ:ライロや聖刻、暗黒界という明確な相手がいるので入れない理由がないです。

ガガガガンマン:まだ使っていませんが、瞬間打点は魅力です。ペガサスたちでアタックした後に800以下なら即死というのは場面として多いんですかね?

カチコチドラゴン:間接的に瞬間戦闘力4200。代行天使時代にはアースエンドに対してカチコチ+アシッド+ペガサスでよくワンキルを狙ったものです。なつかしい。

マエストローク:自分で激流打って魔法罠あけるときぐらいしかつかいません。

パール:26打点ですが、もう1体使えばディシグマできることを考えると微妙に感じます。

エメラル:エクシーズ+ルインの布陣を突破され、ペガサスが2,3枚墓地に行ったときなどは非常に強いです。打点は低いのは気になりますが。

チェイン:もってきたいカードはペガサスぐらいしかなく、墓地に落とすカードは皆無なので出すタイミングがない。
プロフィール

何ぞや

Author:何ぞや

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム